第5回横浜運河パレード概略決まる

今年で第5回目となる「横浜運河パレード」のキャッチフレーズは吉田新田完成350周年にちなんで「ヒストリバー」としました。例年横浜の中心地である吉田新田や太田新田などをひとまわりする運河パレードは午後に実施し、午前中は新たに朝市や体験乗船などのイベントを開催します。横浜日ノ出桟橋、大岡川桜桟橋、蒔田公園、石川町元町周辺を中心に繰り広げられる横浜の新しい名物・横浜運河パレードにご期待ください。詳細が決まり次第、こちらのサイトでご紹介します。


第2回運河勉強会「気持ちよく泳げる川」

18日(日)【第2回 運河勉強会】が開催されました!

前回に引き続き、株式会社オオスミの管さんから、前回の振り返りのレクチャーをいただき、その後に参加者全員で「みんなで目指す『きれいな水』とは何か」を話し合いました。

「気持ちよく泳げる川」
これがこの日の到達点です。

そのために必要な勉強会を次回以降、実施していきます。

中でも、議論に上がった以下のテーマを勉強会で取り上げていきたいと思います。

 

①インフラとしての大岡川の構造
護岸構造、オーバーフローなど。

②生物、生態系
今いる生き物や、本来の生態系など。

③ヘドロ
川底のどうしていくべきか。今回、株式会社オオスミさんからヘドロの分析を申し出て下さいました!

④ゴミ
柿澤さんや豊田さんと相談して、内容を練っていきます。

 

第2回運河勉強会の詳細は…こちら(配付資料もダウンロードできます)

 


無事終了しました ご協力ありがとうございました!

16日の神奈川新聞と東京新聞に掲載していただきました。見に来ていただいた方々、参加していただいた方々、ほか関係者各位、本当にお疲れさまでした。今回は『運河で祝う』をテーマに、その中で祝元プロジェクトが船団でウェディング船を仕立て、水辺荘でもSUPの仲間のウェディングをやってもらいました。記事はSUPだけに焦点が当たっていますが、最後尾の祝言プロジェクトのウェディング船も大いに運河パレードを盛り上げ、運河を祝いの空間として町の人たちが活用できる二つの好例をアピールできたと思います。今後に期待ください。

10月16日付 神奈川新聞
10月16日付 神奈川新聞
10月16日付 東京新聞
10月16日付 東京新聞

予定通り開催いたします!

いよいよ15日開催迫る!